Column

最新情報

    メディカルフィットネスの専門教育を実現するための取り組みについて

    • 日本メディカルフィットネス研究会 理事
      日本工学院八王子専門学校 総轄 カレッジ長

    • 中山 敬二

    • この度、日本メディカルフィットネス研究会 教育研究部門に第4期理事として就任いたしました。
      現在は本校スポーツカレッジにおいてスポーツトレーナー、スポーツビジネス、サッカー、テニス、健康運動指導などの教育に携わっています。
      教育施設の核となるトレーニングセンター(通称メディカルフィットネスセンターMFC)には、テクノジムジャパン㈱のマシンとMywellnessクラウドシステムを導入し、近年のICT社会に適応できるメディカルフィットネス指導者を産学連携で育成しています。

       

      さて、専門学校においては、企業との積極的な連携を図り実践的な人材を養成する職業実践専門課程が推進されています。
      また、今後はさらに高度な職業教育を行うべく新たな高等教育機関も検討されるなど、ますます職業教育に焦点を当てた専門教育の重要性が高まっています。

       

      このように社会が求める人材教育が変化する中、日本メディカルフィットネス研究会よりメディカルフィットネス指導者の課題と育成について検討する機会をいただきました。
      課題を解決し実践力となるメディカルフィットネスの専門職業人材を養成するためには、教育システムの制度設計から関係機関の方々と連携する必要があります。
      今後研究会委員、並びにメディカルフィットネスに興味を持つすべての方々と協力し、業界が求めるメディカルフィットネス指導者養成の教育制度をスタートすべく努力して参ります。
      よろしくお願い申し上げます。