Column

最新情報

    荒波に負けず メディカルフィットネスで社会を変える

    • 日本メディカルフィットネス研究会 理事
      有限会社美作名倉堂 代表取締役・院長

    • 森本 正章

    • 岡山県は美作市に接骨院を開業したのが昭和60年4月で、その後平成12年4月に介護事業に参入して17年が過ぎました。我が街もご多聞に洩れず少子高齢化の波が押し寄せ、人口減と労働者不足で困窮を極めています。そのような中、国は医療費の適正化、介護費の抑制を唱えだし、理想と現実のギャップが渦巻く中、まず何から行動を起こせばよいのか思案しているところ、テクノジム ジャパンと日本メディカルフィットネス研究会との出会いがありました。

       

      タイムリーな出会いとしか言えないのですが、日本メディカルフィットネス研究会の3大ミッションである「健康寿命の延伸」「医療費の抑制」「雇用の創出」が今の日本にとって最も必要なことであり、私がこの街でまず取り組まなければならない重要事項だと改めて気付かされました。

       

      現在は、本年4月からスタートする介護予防・日常生活支援総合事業の準備に追われ東奔西走しているところですが、今の日本を救うのは「メディカルフィットネス」しかないと感じています。