トレーニングベンチおすすめ15選! 初心者でも使いやすい器具と使い方をご紹介

トレーニングベンチ

昨今、「ジムに行くことができない」という方が増えています。トレーニングベンチの購入は、家事やリモートワークなどのスキマ時間に鍛えることができます。また、傾斜の調整が可能なベンチは、自宅で本格的な筋トレが可能です。今回は、様々なタイプのトレーニングベンチをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

Contents

トレーニングベンチとは?

考える男性

トレーニングベンチとは、主に上半身を鍛える際に使用するベンチのことで、平らなフラットベンチや背もたれの調整が自在にできるアジャスタブルベンチまで様々なベンチがあります。
ダンベルやバーベル、チューブなどと組み合わせることで、より負荷をかけてトレーニングをすることも可能です。

腹筋や背筋を中心に様々な部位を鍛えられる

トレーニングベンチは、足をかけることができ、シートで背中を保護されているため安心して腹筋を鍛えられます。
シートの角度を変えれば、バックエクステンションもできるので背筋を鍛えることが可能です。
さらに、ベンチプレスをすれば胸や腕のトレーニングにもなります。
アジャスタブルベンチを使えば、様々な姿勢でトレーニングを行えるため、トレーニングの幅が広がります。
腹筋や背筋はもちろん、細かな筋肉にも刺激を与えることができ、充実したトレーニングを実現させてくれるでしょう。

トレーニングベンチの選び方

トレーニングベンチ

筋トレの頻度やレベル、目的に合ったトレーニングベンチを購入できなければ、そのまま使わずに自宅で放置されてしまうことにもなりかねません。
自分のことを理解したうえで、シートの幅や耐荷重、価格帯を知ることが大切です。

自分に合ったものを選ぶ

屈強な肉体を作り上げたい、ダイエットしたい、体型を維持したいなど、トレーニングベンチを購入する前に、筋トレの目的を明確にする必要があります。
また、リモートワークが増えたことにより、プライベートと仕事の区別が難しくなっている方も少なくないのではないでしょうか。そこで、軽い筋トレをし、仕事前に気持ちのスイッチを入れるという方にもトレーニングベンチはおすすめです。
目的を明確にし、自分に合ったトレーニングベンチを選びましょう。

初心者向け

初心者には、組み立てが簡単で折り畳めるタイプの多いフラットベンチがおすすめです。
しかし、トレーニングを始める前に、組み立てに時間がかかってしまうと、それだけで疲れてしまい、筋トレをせずに自宅で眠らせてしまうということになりかねません。
初心者の方には、トレーニング内容も大事ですが、まずは運動前や、そのあとに時間がかからず、価格も比較的安いフラットベンチがいいでしょう。

価格で選ぶ

フラットベンチならば10,000円以下、インクラインベンチならば1〜20,000円くらいの商品がおすすめです。
価格が高い商品が必ずしも自分にとって良いものであるとは限りません。しかし、さらに高みのトレーニングをする人には、30,000円以上のトレーニングベンチも視野に入れてみましょう。
また、予算やトレーニングの目的、自宅の収納スペースなど、メーカーのホームページや口コミを見て購入の参考にしてくださいね。

シート幅で選ぶ

トレーニングベンチを購入する際は、シート幅もひとつの指標となります。
背中をシートにつけて、トレーニングしたいという人には、シート幅が無いと安定しません。
しかし、幅が広すぎてしまうと背中の可動を狭めるため、筋トレ効果は薄れてしまいます。
24~26㎝がシート幅としては適切ですので、購入前にジムなどでトレーニングベンチを試してから購入することをおすすめします。

耐荷重で選ぶ

アスリートではない限り一般的には、耐荷重200kgあれば問題ありません。耐荷重とは、自分の体重と使用する器具の合計の重さに耐えられる数値を示します。
従って今の体重と使用予定のダンベル2個分の重さを確認しておき、その重さを超えない耐荷重のベンチを購入しましょう。

使い方いろいろ! 折りたたみタイプも! トレーニングベンチの種類を紹介

トレーニングベンチでトレーニングする女性

トレーニングベンチには、平らなタイプのフラットベンチ、背もたれの角度調整ができるインクラインベンチ、頭より低い位置にシート調整ができるデクラインベンチがあります。
さらに、フラットデクライン機能を兼ね備えた角度調整が万能なアジャスタブルベンチを加えた3タイプの合計4タイプが主なトレーニングベンチです。
それぞれの特徴を把握して、自分にぴったりの適切なベンチを見つけましょう。

フラットベンチ

フラットベンチは、床と並行な形状で耐荷重が高く、負荷がかかるトレーニングにも安心です。

折り畳みが可能で、自宅のデッドスペースに収納することができます。簡単な作り持ち運びもできるためどこでもトレーニングが行えます。
角度調整はできませんが、その分自分自身でトレーニングを組み立てられる点や価格が他の種類と比べてリーズナブルな点がおすすめです。

インクラインベンチ/デクラインベンチ

背もたれの角度調節ができるインクラインベンチはベンチプレスやダンベルプレスを行うことで大胸筋や上腕三頭筋、三角筋を効率よく鍛えられます。
一方、デクラインベンチはフラットベンチと比較すると可動の幅が広がるため、より効果的な腹筋と背筋ができます。
脚パッドもついているため、踏ん張ることができる点も特徴です。
筋トレ中上級者やトレーニング知識のある方におすすめのトレーニングベンチです。

アジャスタブルベンチ

シート角度を自在に変えられ、ダンベルやチューブなどと組み合わせることで、筋トレ方法が無限に生み出せます。
1台あれば、ジムに行かなくても自宅で本格的なトレーニングができます。
軽い筋トレから、器具と組み合わせたハードなトレーニングまで様々な使用方法がありますが、設置場所は限られるという点から、トレーニング上級者におすすめしたいベンチです。

トレーニングベンチおすすめ15選! 初心者でも使いやすい器具をピックアップ

トレーニングベンチ

自宅で気軽に筋トレをしたいという初心者から、1台で本格的なトレーニングに励めるトレーニングベンチが欲しい方まで様々な要望にお応えできるベンチをご紹介します。
価格、ベンチの形状、できるトレーニング内容を確認してトレーニングベンチ選びの参考にしてくださいね。
また、自宅でトレーニングする場所や収納場所などをイメージしながらサイズにも注目してください。

【YouTen(ユーテン)】折りたたみ式フラットベンチ

折りたためて部屋のちょっとしたスペースに置ける便利なフラットベンチです。
格安なのに丈夫なうえ、レバー操作のみのワンタッチで折りたたむことができる点がとても便利です。半分に折りたたむと、長さ約59cm、幅約37.5cm、高さ約37cmにまとまります。
5段階に高さ調節が可能なうえに、左右で高さを変えれるためインクラインベンチとしても機能し、様々な種目にチャレンジできるピントが強みです。
シートの長さが120cm耐荷重約300kgのベンチなので、高身長の方や大柄の方でも難なくとトレーニングが行えるのです。

Amazon
Yahoo!ショッピング

【LEADINGEDGE(リーディングエッジ)】 フォールディング フラットベンチ

ベンチのシート幅が27cmと細めに作られており、背中をつけたときに肩甲骨の可動を確認しながらトレーニングすることができます。

脚を取り付けるだけですぐに使えるだけでなく、大型ボルトの使用で安定感は抜群です。また、簡単に組み立てることが可能です。

トレーニング可能耐荷重は300kgですが、検査によって最大で750kgまで耐えられることが証明されているので安心して使えます。また地上高はダンベルプレス競技の公式サイズの42cnを採用しています。

トレーニング初心者から上級者まで幅広い競技者におすすめの商品です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【フィールドア(FIELDOOR)】 折りたたみフラットベンチ

耐荷重約260kgあり、体重100kg程度の人まで安全に使用できることが証明されています。

脚の部分に滑り止めのゴムがついていて頑丈であることや、レバーがPULL式で引いて回すだけで簡単に使えるところがポイントです。

折りたたみ後のサイズが幅19cmと家の中でも場所を取りません。

ダンベルやバーベルを使用したトレーニングのみではなく、上級者向けの自重トレーニングであるドラゴンフラッグも難なくできます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【フィールドア(FIELDOOR)】フラットインクラインベンチ

背もたれの角度を8段階に変えられ、加えて座面も4段階調節が可能です。

最大で背もたれを90度にすることが可能であるため、上体を垂直に起こしきった姿勢でのトレーニングも行えます。

細かな調整ができ、鍛えたい部位がピンポイントで決まっている上級者にもおすすめします。

ダンベルを使用したトレーニングだけでなく、シートをフラットにすれば腹筋を鍛えるトレーニングも可能です。

厚みのあるクッションを使用し耐荷重も260kgなので安心です。

Amazon
楽天市場

【YouTen(ユーテン)】マルチシットアップベンチ

耐荷重300kgと大きく、用途に応じてシートを自在に変えられるため負荷の高いトレーニングが自宅で行えます。

4段階のシートの長さが調整が可能で、独自の3方向ハンドルは、高さや向きを変えることができることでトレーニングの幅が広がります。

シットアップベンチにすることで、より効果的な筋トレが行えます。

そして、上に向いているハンドルを握れば、ドラゴンフラッグをすることも可能です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【FITMATE】トレーニングベンチ

シートパッドが3段階と、背もたれが7段階あります。さらにレッグホルダーを3ステップに調整することができ、耐荷重は400kgあります。
組み合わせ次第で、豊富なトレーニングが行えます。日によって脚、腕、肩など特定に部位に特化した筋トレも選べます。完全にフラットにして使える点もおすすめするポイントです。
さらに、折り畳み収納ができ、自宅のデッドスペースに保管することができます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【WASAI(ワサイ)】マルチベンチ(MK035)

フィットネスチェーン、パワーハンドがついており多彩なトレーニングが可能です。またプレートをつければレッグエクステンション、レッグカールなどの脚トレも対応します。
シート角度を5段階に変えることができ、ダンベルを使えばベンチプレス、ダンベルカール、ダンベルクランチなどトレーニングの幅が広がります。
1台で本格的なトレーニングをしたいと考えている人におすすめのトレーニングベンチです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【クロスプラネット】ファイティングロード ハードベンチ

バーベルを使った筋トレが行え、1台で本格的なトレーニングに励めます。
シート角度を調整することで、シットアップベンチに変えることができます。またバーベル運動をする際も、バーベルラックの高さ調整が可能なので、自分仕様の器具になりますよ。
トレーニング後は、折り畳無ことができ、収納に困りません。
ハードなトレーニングが行え、片づけることも可能なベンチですので、環境づくりにこだわりたい方におすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【CuteeFox】マルチシットアップベンチ

背もたれの角度を変更できる点がとても使いやすくおすすめです。ダンベルベンチ、アームカール用ベンチなど様々な用途でベンチを変えることが可能です。
前部のアームカール台に腰の横部分をくっつけ脚パッドに足をのせれば、腹筋側部を鍛えることもできます。
脚パットがあり、さらに背もたれの角度も変えられるため、シットアップベンチとしても活躍するでしょう。

Amazon

【YouTen(ユーテン)】3WAYデクラインベンチ

背もたれの角度調整をすることでインクライン、デクライン、フラットの3パターンにすることができます。
背面角度8パターン、座面角度4パターンにできる調節がトレーニングのバリエーションを生みます。
またシート幅が、26cmとスリムに作られていることで、足を置く位置も限定されることなく自由にできる点も強みです。
シートを支える5本のパイプが7cmで作られ、極太で安全であるため、安心して筋トレに励めます。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

【adidas(アディダス)】マルチワークアウトベンチ

ダンベルスタンド付きのトレーニングベンチです。ダンベルやバーベルを使った上半身トレーニングの他にレッグカールやレッグエクステンションのトレーニングもできます。
3段階に角度を調節でき、またパッドの付け替えも可能です。1台で本格的にトレーニングが簡単に行えるため、筋トレ頻度の多い人におすすめです。

Amazon

【ioffice】BTM 6WAYトレーニングベンチ

ダンベルカール、ダンベルフライ、チューブトレーニングそして腹筋背筋など、大きく6つの方法で鍛えられます。
本格的なトレーニングが家にいながら、できます。シートを7段階に倒せるため、インクライン、デクライン、フラットにすることが可能です。
シートは厚みのある5cmのクッションを使っており、沈みこみが少なく耐久性も抜群です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【KAPEO】トレーニングベンチ

5段階に高さ調節のできる腹筋や背筋のトレーニングに適したベンチです。ベンチのロゴあたりにあるレバーを持つことで腕立て伏せをすることもできます。
腹筋背筋だけではなく、チューブやダンベルを使ったトレーニングもできるため腕を鍛えることも可能です。
価格が良心的であるため、筋トレ初心者や気軽にトレーニングしたいという方におすすめのトレーニングベンチです。

Amazon

【JX FITNESS】マルチトレーニングベンチ

背もたれを5段階の角度に調整することができます。背もたれ部分を倒しきれば、負荷のかかった腹筋が可能です。また折りたためるため、収納に便利です。
ダンベルトレーニングやチューブトレーニングも効果的に行え、ダンベルはベンチにラックがついているため、筋トレ後に場所を取ってしまうことがありません。
背もたれの倒し方や他の器具と組み合わせることで様々なトレーニングが可能です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【KaRaDaStyle】フラットベンチ

バンド付きなので、足を固定して腹筋を鍛えることができます。ベンチ幅27cm長さ113cmと広く大柄な人もラクラクトレーニングできます。
ボルトを引き抜くだけで簡単に折り畳めるので、収納も簡単です。さらに、良心的な価格であるため、筋トレ初心者の方におすすめしたいトレーニングベンチです。

Amazon
Yahoo!ショッピング

トレーニングベンチの使い方

トレーニングする女性

真っ平らなフラットベンチや、上半身側が高いか、低いかで異なるインクライン・デクラインベンチ、そして角度の調整で様々なベンチに使用が変わるアジャスタブルベンチがあります。

トレーニング用途によって、適切なベンチは異なります。それぞれのベンチはどのようにして使うのが正しいのでしょうか。
使い方とトレーニング方法を見ながら確認していきましょう。

トレーニングベンチに背中をぴったりとつけて座る

インクラインベンチや、アジャスタブルベンチの背もたれの部分に背中をぴったりとつけて座るベンチの使い方です。
このようなベンチの使い方するときは、ほとんどがダンベルを使ったダンベルプレストレーニングを行うときです。ダンベルを持ったまま腕を真っすぐ伸ばし、その後、ゆっくりと下げて行きます。
上腕三頭筋、大胸筋、三角筋が鍛えられ、逞しい胸板と腕を手に入れることができます。

片膝をトレーニングベンチの上に乗せる

片側の手足をフラットベンチに乗せて、逆側の手でダンベルを持って上げ下げするワンハンドローイングをする際のベンチの使い方です。
腰や首を丸めず胸を張り、視線は斜め前に向けるように意識します。間違ったフォームでやり続けると、腰を痛めてしまうことがあるので注意して行いましょう。
広背筋、僧帽筋、三角筋といった背中側の筋肉が鍛えられ、後ろからも分かるような、かっこいい背中に仕上がります。

フラットベンチに仰向けに寝転がる

ダンベルを使ったダンベルベンチプレスを、フラットベンチに仰向けになった状態で行うことが可能です。
また、仰向けになった姿勢でシートの角を持ち、両足を垂直になるところまで上げて戻す動作を繰り返すレッグレイズができます。
この筋トレでは、腹直筋、腹斜筋、腹横筋を鍛えることが可能です。そして上級者になればさらに難易度が高いドラゴンフラッグをこの姿勢から行えます。

お部屋でスペース確保が難しい場合は代用品でトレーニング

トレーニングベンチのためのスペース確保が難しい方には、腹筋ローラーを使った筋トレがおすすめです。コンパクトな器具なので、場所を取りません。
両手でグリップを握り自分の体重を利用して車輪を回すことで、腹直筋や腹斜筋を鍛える器具です。

腕を使っているため、上腕三頭筋にも効果がある道具と言えます。お手頃な価格で手に入れることができ、工夫次第では、初心者から上級者まで幅広い方に効果のある器具になります。

トレーニングベンチを使って気軽で楽しい筋トレライフを!

トレーニングする女性

外出は控えたいけれど、トレーニングは行いたい方や、本格的ではないけれど毎日トレーニングをしたい筋トレ初心者の方など、様々な人の要望に応えてくれるのがトレーニングベンチです。

どんなトレーニングがしたいのか、大きさはどのくらいなのか、折り畳めるのか、価格はいくらなのか、下調べをしたうえで購入することをおすすめします。

気軽に使えるトレーニングベンチとともに楽しい筋トレライフを送りましょう。

ABOUT US

favsports編集部
身体を動かすことが好きな2児のママです。2人の息子は空手を習っています。 ファブスポーツを通して、多くの方にスポーツの魅力を知ってもらえるようにしていきます!