マウンテンバイク初心者必見!おすすめ5選と選び方で意識したいポイントも解説

マウンテンバイク初心者必見!おすすめ5選と選び方で意識したいポイントも解説

マウンテンバイクは、アウトドアライクな見た目や力強い走りなどが魅力で、街乗りでも人気が高いです。ただメーカーや種類が多くあって、どのマウンテンバイクが良いのか悩む方も多いでしょう。本記事では、初心者向けにおすすめマウンテンバイクと選び方をご紹介していきます。

初心者が意識したいマウンテンバイクの選び方

初心者が意識したいマウンテンバイクの選び方

はじめてのマウンテンバイクをしっかり選ぶことで、どんどん楽しさにのめり込むことができます。おすすめマウンテンバイクを紹介する前に、まずマウンテンバイクの選び方を詳しく解説します。自分だけのマウンテンバイクを見つけるために、選び方を理解しましょう!

目的に合わせて種類を選ぼう

マウンテンバイクには、シチュエーションに合わせて、マウンテンバイクルック車・ハードテイル車・フルサスペンション車といった種類があります。街乗りをしたい、アウトドアシーンを走りたいなどの目的に合わせて選びましょう。

街乗りならマウンテンバイクルック車

街でマウンテンバイクを乗りたい方には、マウンテンバイクルック車がおすすめです。マウンテンバイクルック車は、見た目はマウンテンバイクですが、性能は通常の自転車と大きく変わりません。

街乗りでは悪路を走れる走行性は必要はないので、マウンテンバイクの見た目を楽しみつつ、お出かけやショッピングに利用できます。

悪路を走るならハードテイル車・フルサスペンション車

アウトドアシーンで舗装されていない悪路も走りたい方は、ハードテイル車またはフルサスペンション車を選びましょう。

衝撃を吸収するサスペンションの位置で種類が分かれ、ハードテイル車はフロントに、フルサスペンション車はフロントとリヤ両方にサスペンションが付いています。

悪路でも走りきれるので、マウンテンバイクの醍醐味を楽しめるでしょう。より本格的なオフロードを走行したい場合には、安定感のあるフルサスペンション車を選ぶのがおすすめです。

速さか操作性を重視するかでホイールサイズを選ぶ

自転車のタイヤ

マウンテンバイクは、ホイールサイズで走り心地が変わってきます。スピードや操作性、安定感など重視するポイントに合わせて、ホイールサイズを選びましょう。

操作性求めるなら26インチ

マウンテンバイクのホイールの一般的なサイズである26インチは、29インチよりスピードがおさえられるので、操作性を求める方におすすめです。複雑な地形やコースを走る時にも適しています。

29インチは速さが魅力

現在マウンテンバイクのホイールサイズの主流は29インチと言われています。26インチよりも直径が広く、スピード感と安定感が特徴です。

スピーディーに街を走りたい、レースを力強く走破したい方は、29インチのホイールサイズのマウンテンバイクを選んでみましょう。

軽さを求めるならフレーム素材に注目!

マウンテンバイクを快適に乗りこなしたいなら、フレーム素材にも注目しましょう。素材によって重さが異なるので走り心地に違いが生まれます。主な素材であるアルミとカーボンをご紹介します。

アルミ

アルミフレームは、初心者向けマウンテンバイクに多い素材で、コストの安さが魅力です。ステンレスやクロモリなどに比べると軽量なので、コストをおさえつつ軽いマウンテンバイクに乗るならアルミフレームがおすすめです。

カーボン

カーボンフレームは、フレーム素材の中でも最も軽い素材です。衝撃を吸収する性能も高く、軽やかにスピーディーな走りを実現します。ただ性能が高い分、価格は高い傾向があります。予算がある方は、はじめてのマウンテンバイクにカーボンフレームを選んでみましょう。

制動力の高いディスクブレーキがおすすめ

自転車のブレーキには、V字ブレーキやカンチブレーキなど種類がありますが、マウンテンバイクのブレーキにはディスクブレーキがおすすめです。

ブレーキの中でも制動力が高いので、不安定なオフロードでもきっちり停止します。コンディションに影響されず制動力を発揮するのも特徴で、街乗りでもアウトドアシーンでも活躍するブレーキです。

初心者必見!マウンテンバイクおすすめ5選!

メーカーや性能など多くの種類がある中、初心者におすすめしたいマウンテンバイクを5台厳選しました。それぞれ特徴をご紹介するので、マウンテンバイク選びの参考にしてみてくださいね。

【21テクノロジー】MTB266 折りたたみ自転車

『21テクノロジー』の“MTB266”は、他のマウンテンバイクに比べて安価ながら、装備がこれでもかというくらい充実しています。

フロント・リヤのフルサスペンションや泥除け、折りたたみ式など、様々なシーンで乗れる性能です。悪路を走ったり、折りたたんでキャンプに持っていったりするなど、シーンを問わずライドを楽しめますね。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【CANOVER】マウンテンバイク CAMT-043-DD ATLAS

CANOVER ATLAS”は、フロント・リヤ両方にディスクブレーキを搭載しています。ディスクブレーキは制動力が高いので、街乗りやオフロードなどでしっかり停止できます。

はじめてのマウンテンバイクで操作できるか不安な方におすすめのマウンテンバイクです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Bianchi】マウンテンバイク MAGMA

Bianchi』はイタリアの自転車メーカーで、チェレステカラーという空色が特徴です。Bianchi独自のカラーなので、デザインやカラーにこだわりたい方におすすめのマウンテンバイクとなっています。

性能も確かで、空気抵抗の少ない構造やディスクブレーキなどによって、オフロードや雨天時も快適かつ安全に走破できます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【HUMMER】マウンテンバイク FAT BIKE TANK3.0

HUMMER FAT BIKE TANK3.0”は、26×3.0インチの極太タイヤが特徴です。不安定なコンディションでバランスを崩さない安定感が魅力で、アウトドアシーンでの利用に適しています。

黄色のフレームと極太タイヤは見た目も印象的で、おしゃれでかっこいいマウンテンバイクを探している方におすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【GT】マウンテンバイク AGGRESSOR COMP

GT AGGRESSOR COMP”は、街乗りとアウトドアどちらにも対応できる万能マウンテンバイクです。フロントサスがついたハードテイル車であり、林道や砂利道も難なく走破します。

シンプルなカラーに映えるロゴカラーがおしゃれで、街乗りで映えること間違いなしです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

自分にぴったりのマウンテンバイクを見つけよう!

自分にぴったりのマウンテンバイクを見つけよう!

本記事では、初心者向けにおすすめマウンテンバイクや選び方をご紹介しました。マウンテンバイクを選ぶ際は、まず街乗り・オフロードなどの目的を決めましょう。

目的が決まったら、サスペンションやホイールサイズ、フレーム素材、ブレーキなどを決めていけば、自分にぴったりのマウンテンバイクが見つかるはずです。

選び方と合わせて、おすすめマウンテンバイクを参考にして、はじめてのマウンテンバイクを見つけましょう。