アンクルウェイトおすすめ10選!正しい選び方や人気の素材をご紹介

アンクルウェイト

アンクルウェイトは、足首に巻きつけるだけで筋トレができるトレーニングアイテムです。ウォーキングやランニングなどで使用するとさらに負荷も高まり、消費カロリーも大きくなります。今回は、日常生活や筋トレで活用できるおすすめのアンクルウェイトをご紹介します。

日常生活でも役立つアンクルウェイト

アンクルウェイト

アンクルウェイトは足首に巻きつける重りで、足腰を鍛えるためのトレーニングアイテムです。

足首に巻きつけるだけで、ウォーキングやランニングなどの負荷をさらに高めることができます。

アンクルウェイトは取り外しが簡単で、日常生活でも気軽に使えます。

アンクルウェイトをつけて過ごすだけで、普段の動作の負荷が高まるので便利です。

忙しくてジムに通う時間がない人にとって、日常生活をトレーニングに変えられる心強いアイテムです。

アンクルウェイトを活用して、筋力アップや体幹トレーニングに励みましょう。

アンクルウェイトの選び方

アンクルウェイト

アンクルウェイトは手軽に負荷をかけられるトレーニングアイテムですが、選び方を間違えると怪我に繋がってしまう恐れがあります。

どれも同じに見えますが、それぞれ素材や機能性が異なるので、自分のトレーニング目的に合ったアンクルウェイトを選ぶことが大切です。

それでは、アンクルウェイトの選び方のポイントについてご紹介していきます。

正しい重量を選ぶ

アンクルウェイトを選ぶときに最も重要なのが、重さです。

軽いものだと0.5kgからあり、重いものでは5kgを超えるものもあります。

アンクルウェイトは最初から重いものを選ぶと、身体への負荷が大きくなりすぎて怪我に繋がってしまいます。

長時間使用すると、0.5kgのものでも大きな負荷となるので、まずは軽い重量から始めましょう。

表面に使われている素材で選ぶ

アンクルウェイトを選ぶときには、表面に使われている素材も大切です。

長時間つけて使用する場合も多いので、通気性・撥水性の高い素材がおすすめです。

また、ジョギングや筋トレなどの運動中にも使用する場合、伸縮性のあるゴム製の素材を選ぶといいでしょう。

伸縮性があると激しい運動でも消耗しにくく、劣化を防いでくれます。

雨の日に屋外でも使う場合は、排水効果のある鉄ビーズが中に入っているものを選びましょう。

安全性を確認する

トレーニングでは、怪我の予防も大切です。

アンクルウェイトは重さのあるトレーニング器具なので、安全性の高いものを選ばなければいけません。

特に注意するべき点が、足首にしっかりと固定できるかということです。

固定が甘いと運動中に外れてしまって、怪我の原因になってしまいます。

マジックテープ式のものは、できるだけ接着部分の幅が広いものを選ぶようにしてください。

日常生活でも使えるデザインを探す

アンクルウェイトを日常生活に取り入れると、ジムに通わずに手軽に身体を鍛えることができます。

しかし、その場合は、デザイン性も重要なポイントになってきます。

通勤や仕事中につけていても、違和感のないものを選ぶことが大切です。

薄い形状で目立たないデザインなら、人に見られてもあまり気になりません。

日常生活でもアンクルウェイトをつけて過ごすことがトレーニング効果をより高めるので、普段使いできるデザインのものを意識して選びましょう。

人気のアンクルウェイトおすすめ10選

アンクルウェイト

アンクルウェイトは、ランニングや筋トレ中につけることで、トレーニング効果を高めてくれます。

日常生活にも取り入れることができ、ジムに通う暇がない人にもおすすめです。

ここでは、安全性やデザイン性に優れている人気のアンクルウェイトをご紹介します。

お気に入りのアンクルウェイトを見つけて、効率良く身体を鍛えましょう。

【IRONMAN CLUB】メッシュリスト&アンクルウェイト

『IRONMAN CLUB』の「メッシュリスト&アンクルウェイト」は、洗えるソフトタイプのアンクルウェイトです。

ウェイト袋を取り外して洗うことができるので、衛生面に優れています。

メッシュタイプなので、通気性も抜群です。

腕と足首のどちらにも使える兼用タイプなので、手首につけて使用しても問題ありません。

ただし、ウェイト袋をつけたままの状態では水洗いできないので注意しましょう。

  • サイズ:約250×85×30mm
  • 重量:約0.5kg×2
  • 材質:ポリエステル、ナイロン、スチール(クロムメッキ)、砂鉄

Amazon
楽天市場

【FIELDOOR】ソフトアンクルリストウェイト

『FIELDOOR』の「ソフトアンクルリストウェイト」は、コンパクトでフィット感に優れているアンクルウェイトです。

重さは0.5kgからあるので、軽い重量から始めたい初心者の方にもおすすめです。

裏地には、伸縮性と耐久性に優れたスパンデックス(合成ゴム)が使用されています。

伸縮性が高く激しい運動にも耐えられるので、ランニングなどでも使えるアンクルウェイトです。

  • サイズ:約23.5cm×7.5cm(0.5kg×2)、約25cm×8.5cm(1kg×2)、約33cm×12.5cm(2kg×2)、約35cm×13.5cm(3kg×2)
  • 重量:0.5kg×2、1kg×2、2kg×2、3kg×2
  • 材質:スパンデックス(合成ゴム)、鉄玉

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【LACOIN】アンクルウェイト

『LACOIN』の「アンクルウェイト」は、5段階の重量調整ができます。

自分の体格やトレーニング負荷を考えて、細かく調整ができるので便利です。

重りの砂袋は取り外しが可能なので、砂袋を取り外せば洗濯も可能です。

耐久性・伸縮性に優れている布地が使われていて、激しい運動をしても足首の動きに合わせ劣化を防いでくれます。

ウェイトは片方で最大1.6kgの負荷がかけられ、本格的なトレーニングをしたい人にもおすすめです。

  • サイズ:29cm×14.5cm
  • 重量:0.4~1.6kg(片足)、1~3.5kg(2個組)

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【KATYOU】アンクルウエイト

『KATYOU』の「アンクルウェイト」は強力マジックテープ式で、足首にしっかりと固定することができます。

マジックテープの幅が広いので、激しい運動でもズレにくいアンクルウェイトです。

生地には、伸縮性・通気性に優れたライクラ素材が採用されています。

また重りの中の鉄玉のサイズ統一することで、高いフィット感を実現しています。

スチールカードバックルを使用することでトレーニング中に外れてしまう心配もなく、安全性を重視したい人にもおすすめです。

  • サイズ:24.5cm×6cm(0.5kg×2)、25.5cm×6.7cm(1kg×2)、27cm×8cm(1.5kg×2)、29cm×8.5cm(2.0kg×2)、30.8cm×9.6cm(2.5kg×2)、31.5cm×10.2cm(3.0kg×2)
  • 重さ:0.5kg×2、1kg×2、1.5kg×2、2.0kg×2、2.5kg×2、3.0kg×2
  • 材質:スパンデックス、ナイロン、極小鉄玉

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【RAKU】アンクルウェイト

『RAKU』の「アンクルウェイト」は長さの調整が可能で、自分に合ったサイズにすることができます。

ベルト部分は二重で固定できるようになっていて、安全性に配慮されています。

生地にはメッシュオックスフォード素材が使われているので、通気性も抜群です。

2つ合わせて10kgまで重量を増やすことができ、大きな負荷をかけてトレーニングするのにも役立ちます。

収納バックがついてくるので、携帯するときにも便利です。

重りには排水効果抜群の鉄ビーズが使用され、雨の日に屋外でも使用できるアンクルウェイトです。

  • サイズ:27cm×15cm(1kg×2)、28cm×16cm(1.5kg×2)、29ch×17cm(2kg×2)、31cm×17cm(2.5kg×2)、33cm×19cm(4kg×2)、34cm×19cm(5kg×2)
  • 重さ:1kg×2、1.5kg×2、2kg×2、2.5kg×2、4kg×2、5kg×2
  • 材質:鉄ビーズ、オックスフォード生地

Amazon
Yahoo!ショッピング

【adidas(アディダス)】トレーニング アンクル

『adidas(アディダス)』の「トレーニング アンクル」は、柔らかく、つけ心地が良いユーザーフレンドリーなアンクルウェイトです。

足首の曲げ伸ばしに影響がないように設計されているので、トレーニング中も、アキレス腱をしっかりと動かすことができます。

ベルクロストラップ仕様になっているので、巻きつけたときの安定感も抜群です。

肌触りの良いネオプレーン素材を使用していて、長時間つけていても気になりません。

見た目もシンプルなデザインで重量も0.5kgと軽いので、日常生活でも活用しすいアイテムです。

  • サイズ:20cm×7cm×3cm
  • 重量:0.5kg×2
  • 材質:ネオプレーン

Amazon
楽天市場

【PROIRON】アンクルウェイト

『PROIRON』の「アンクルウェイト」は、ファッショナブルなアンクルウェイトとして人気です。

精密なエッジを備えた反射性ファブリックにより、夜にも安心してランニングができます。

均一に負荷がかかる構造になっているので、脚全体を均等に鍛えられます。

快適な装着感も特徴で、ウォーキング、ランニング、バスケットボール、ボクシング、ヨガなどで使用可能です。

ダイヤモンド型のエンボス加工が美しく、見た目も重視したいという人におすすめです。

  • サイズ:25.5cm×9cm(0.5kg×2)、29.5cm×10cm(1kg×2)、31.5cm×11cm(1.5 kg×2)、36cm×12cm(2kg×2)
  • 重量:0.5kg×2、1kg×2、1.5 kg×2、2kg×2
  • 材質:ナイロン、鉄粒

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【YAKIDA】アンクルウェイト

『YAKIDA』の「アンクルウェイト」は、フィット感が良く耐久性も抜群です。
です。

素材には分厚いネオプレン生地を採用しているので、クッション性が高く足首への負担が少ないのも特徴です。

取り付けフックにはステンレス鋼が使われているので、汗で錆びてしまうこともありません。

重りの部分が二列に分かれていて振動や遠心力で負荷が偏ることもなく、ランニングなど激しい運動でも使えるアンクルウェイトです。

薄型で目立たないデザインなので日常の生活でも馴染みやすく、仕事や家事の合間でもトレーニングができます。

  • サイズ:24.5cm×6cm(0.5kg×2)、25.5cm×6.7cm(1kg×2)、29cm×8.5cm(2kg×2)、31.5cm×10.2cm(3kg×2)
  • 重量:0.5kg×2、1kg×2、2kg×2、3kg×2
  • 材質:ネオプレン、ナイロン、極小鉄玉

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Sportneer】アンクルウェイト

『Sportneer』の「アンクルウェイト」は、砂袋の数によって負荷が調整できるのが特徴です。

ネオプレン素材のため強度が高く、耐久性にも優れています。

クッション性もあり、足首に巻きつけても痛くありません。

強力なDリングにより、しっかりと固定してずり落ちにくいのもメリットです。

また、吸汗機能により肌から汗を吸収してくれるので、トレーニングの汗も気になりません。

ランニングや筋トレなどはもちろんですが、普段の生活にも併用できます。

  • サイズ:長さ約31cm
  • 重量(2個セット):0.54kg~1.9kg、0.8kg~3.2kg、1.06kg~4.5kg、1.34kg~5.94kg
  • 材質:ネオプレン

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【InField】アンクルウェイト

『InField』の「アンクルウェイト」は、装着感の良さと耐久性にこだわっています。

28年以上アンクルウェイトを作り続けている工場の社長が、1番おすすめする鉄球を採用し、重さが均等で快適な装着感を実現しています。

生地の厚みは1.5mmもあり、耐久性が高いのも特徴です。

縫い目の幅を狭くすることで、縫い目がほつれるのを防ぎ、激しいトレーニングでも問題なく使用できます。

足首だけでなく、腕や腰にも装着できるので、トレーニングの幅も広がります。

衝撃吸収性、柔軟性、屈曲性に優れたクロロプレンゴムを採用していて、高品質なアンクルウェイトとしておすすめです。

  • サイズ:23.5cm×7.5cm(0.5kg×2)、23.5cm×7.5cm(1.01kg×2)、31cm×11cm(1.5kg×2)、33cm×12.5cm(2kg×2)、35cm×13.5cm(3kg×2)
  • 重量:0.5kg×2、1.01kg×2、1.5kg×2、2kg×2、3kg×2
  • 材質:スパンデックス、極小鉄玉

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

アンクルウェイトの効果的な使い方

アンクルウェイト

足首に巻きつけるだけで効果が期待できるアンクルウェイトですが、効果的な使い方を覚えておけばよりトレーニング効率も上がります。

ここでは、アンクルウェイトの効果的な使い方について紹介します。

ウォーキングで装着

アンクルウェイトを装着してウォーキングすることによって、足腰の筋肉を鍛えることができます。

ウォーキングだけでは足腰への負荷が少ないのであまり筋肉は鍛えられませんが、アンクルウェイトで負荷をかけることによって筋力アップに繋がります。

アンクルウェイトは重量が幅広いので、軽い重さから始めるようにしましょう。

ウォーキングだけでは強度の高いトレーニングはできませんが、アンクルウェイトを装着することで負荷が大きくなります。

消費カロリーも多くなるので、ダイエット目的でウォーキングをしている人にもおすすめです。

ウォーキングは、特別な道具も必要なく気軽に始められるので、足腰を鍛えたい方はアンクルウェイトを装着してウォーキングしてみましょう。

ダンスで脂肪燃焼

アンクルウェイトをつけてダンスをすると、脂肪燃焼の効果が高まります。

ダンスは、常に動く効率的な有酸素運動で、多くのカロリーを消費することができます。

さらに、足首へアンクルウェイトを巻きつけることで効果も高まり、ダイエットをしたい人におすすめです。

また、バランスを取るのが難しくなるので、体幹も鍛えられます。

体幹が鍛えられると、基礎代謝が上がり、痩せやすい身体を作ることができます。

太もももの引き締めにも効果が期待できるので、アンクルウェイトを装着したダンスで理想の身体を手に入れてください。

アンクルウェイトをつけて筋トレ

アンクルウェイトは、筋トレのときに装着するのもおすすめです。

例えば、「ヒップレイズ」という仰向けの状態から両脚を天井へ向けて上げていくトレーニングでは、足首にアンクルウェイトをつけておくと高い負荷をかけることができます。

重量を変えることによって、自分に合うトレーニングになり、筋トレ効果も高まります。

アンクルウェイトは、つけているだけで効果が期待できるトレーニングアイテムです。

上半身を鍛える筋トレのときにも装着しておけば、同時に下半身も鍛えられます。

ジムに通う時間がなかったり、少しでも効率よく筋トレをしたいなら、アンクルウェイトで身体全体への負荷を高めましょう。

アンクルウェイトで筋トレ効果を高めよう

アンクルウェイト

アンクルウェイトは足首に装着するだけで、下半身を鍛えることができます。

仕事や家事で忙しい人でもアンクルウェイトを取り入れれば、ジムへ通わずトレーニング効果を高められます。

筋トレだけでなく有酸素運動の効果も高めてくれるので、ダイエット目的の方にもおすすめです。

仕事や通勤のときに装着すれば、日常生活を送りながら筋肉が鍛えれます。

日常の動きをトレーニングに変えることができるのも、アンクルウェイトの良い点です。

手軽に装着できるもメリットなので、アンクルウェイトを使って日々の筋トレ効果を高めてください。

ABOUT US

favsports編集部
身体を動かすことが好きな2児のママです。2人の息子は空手を習っています。 ファブスポーツを通して、多くの方にスポーツの魅力を知ってもらえるようにしていきます!